ソチオリンピックのスノーボード日本代表の注目選手は?

 

ソチオリンピックがいよいよ2月7日から開幕ですね!
今回はメダル獲得期待大のスノーボードの「ハーフパイプ」の注目選手です。

Sponsored Link


スノーボード種目一覧

スノーボード

スノーボードの中でも以下の5種目に分かれています。

  • ハーフパイプ
  • パラレル回転
  • パラレル大回転
  • スノーボードクロス
  • スロープスタイル

このうち「スロープスタイル」がソチオリンピックからの新種目となりました。

注目選手って誰?

今回はスノーボードの花形種目ハーフパイプの注目選手をご紹介します。

「ハーフパイプ」とは、振り子のように左右に滑走し、
空中での回転数や精度を競う競技です。

ドラマ「ラストシンデレラ」で三浦春馬が演じていた少年がやっていた
スケボーのスノーボード版ですね!

めちゃくちゃカッコイイですよね。

まだ日本代表は正式に決定しておらず、1月中旬に決定予定です。

平野歩夢(15歳)

オリンピックのハーフパイプは、アメリカのショーン・ホワイト
2大会連続で金メダルを獲得しています。

今回も当然3大会連続の金メダルを狙ってくるのですが、
そのショーン・ホワイトを脅かす存在なのが、平野選手です。

[note]【最近の成績】

2013/1月 Xゲーム 2位
2013/8月 ワールドカップ 優勝(初出場)[/note]

ワールドカップでの初出場で初優勝を達成した、ハーフパイプ界の新星です!

しかも当時は14歳で、14歳での優勝は史上最年少です。

兄である英樹の影響で4歳でスノーボードを始め、スノボ歴は10年です。

14歳ということもあり、まだまだ伸び盛りです。

怖いもの知らずの勢いでメダル獲得も期待できるでしょう!

平岡卓(18歳)

[note]【最近の成績】

2013/1月 Xゲーム 3位
2013/2月 ワールドカップ 優勝
2013/8月 ワールドカップ 2位[/note]

モーグルスキー選手であった父の影響で、スキーを3歳で始めたそうです。

小学1年生の頃、家族全員でスノーボードに初挑戦し、
翌年には初出場したJSBA西日本選手権で優勝を飾る。

たった1年で優勝をしてしまうのは凄いですね!

そして12歳ですでにプロになっています。

2月のワールドカップで優勝したことにより、
一気にメダル候補へと駆け上がりました。

「海外誌が選ぶ2013年注目の若手ライダートップ50」でも10位選出されました。

「目標は金メダル」と言い切る平岡選手に注目です!

Sponsored Links
↓ いつもありがとうございます♪ シェアして頂けたら、泣いて喜びます(^O^)

コメントを残す